February 29, 2020

3月の展示の延期のお知らせ

3月7日から予定をしておりました上田裕之 × 沖原紗耶 × 小林耶摩人 三人展は、コロナウイルス感染予防の観点から急遽開催延期を決定致しました。 既にDMを受け取られた方、予定して下さっていた方には大変ご迷惑をおかけしますが、皆様の健康と安全を考慮し、3月28日スタートに変更させていただきます。またこれに伴い実店舗の通常営業も11日水曜日からとなります。現在はこのような予定となりますが、世の中の状況により変更の可能性もございます。随時更新致しますので、インスタやサイトnewsをご確認くださいますようお願い致します。

Hiroyuki Ueda × Saya Okihara × Yamato Kobayashi
 2020 3.28sat > 4.5sun[作家在廊予定:28(土)/CLOSE:31(火)]

February 27, 2020

3月の展示のお知らせ

上田裕之 × 沖原紗耶 × 小林耶摩人 三人展
Hiroyuki Ueda × Saya Okihara × Yamato Kobayashi
2020 3.7sat > 15sun[作家在廊予定:7(土)/CLOSE:10(火)]

*現時点では開催予定ですが、コロナウイルスの影響で状況は日々変わっておりますので、急な変更も考えられます。HPのニュースとインスタでお知らせいたしますので、ご確認をお願いします。 ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。

おもにフライパンや包丁など、 調理するための道具を制作している上田裕之さんと 料理をまぜたり掬ったり食べたりするための カトラリーを作っている沖原紗耶さん。 また、食卓で料理を盛るための器を作られる 小林耶摩人さんの3人にご参加いただき、 私たちが毎日必ず行う、料理を作って食するまでの風景を 優れた道具とともにご紹介できたらと思い、 この展示を企画いたしました。 ぜひこの機会にご覧いただけましたら幸いです。 みなさまのご来場をお待ちしております。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 “一枚の鉄の板、ひとつの鉄塊、これらの素材を見つめながら 日々の暮らしの中で、道具として実体化するところを重ね合わせて 想像してみる。そうして生まれたものたち。” 

上田裕之 Hiroyuki Ueda
1975年 神奈川県生まれ
2003年 高知県の『たたら製鉄古式鍛造工房くろがね』にて 鍛造の基礎を学び、会社勤めをしながら 刃物の製作を始める。
 2010年 独立。『鍛冶工房上田』を立ち上げる。 鉄を使った身の回りにある生活用品を製作。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 “土、鉄、竹。 すべて昔から人が道具を作る材料として 自然の中から取り出し、手をかけて使ってきた素材です。 見た目や使いやすさももちろんですが、 『これらの素材がどのようにして道具になったのか』 そんなことを想像していただけたら この展示の違った一面が見られるのではないかと楽しみです。 竹のカトラリーは、 使う人の日々の暮らしを記録しながら変化していきます。 私は、野生の荒々しい姿から口に入れることができるまでに 竹を割り、削り、磨くのですが、 最後は使う人が仕上げていくものだと思っています。” 

沖原紗耶 Saya Okihara
東京都出身
 1977年生まれ
2006年 ネイチャークラフト作家長野修平氏に師事し、竹に出会う 
 2008年 本格的に竹のカトラリーを制作 山梨県の山村に住み、田んぼと畑で作物を育てながら暮らす

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 “Analogue Lifeさんでは初めての展示なので、 まずは定番としての器のバリエーションを見せること、 そしていつもとは違う趣向のものをと考えています。 日常に融け込みつつも生活に少し変化を与える、 そのような佇まいの器でありたいと思います。”

 小林耶摩人 Yamato Kobayashi
 1983年 茨城県笠間市生まれ
 2006年 法政大学 国際文化学部卒業
 2013年 茨城県工業技術センター窯業指導所 成形科修了 額賀章夫氏に師事
2015年 笠間市にて独立 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 Analogue Life 〒467-0004 名古屋市瑞穂区松月町4-9-2,2F Tel 090-9948-7163 〈展示期間中〉 Open 12:00〜18:00, Close 10 (火)のみ ※5(木)・6(金)は展示準備のためお休みします ※8(日)は名古屋ウィメンズマラソンの影響が予想されます。  お車でお越しの方は道路交通情報をご確認ください。