November 26, 2011

ババグーリのお茶

アナログライフでも人気のババグーリのお茶が入荷しました。一茶、二茶、レモングラス茶です。
毎日のお茶としておすすめなのが、一茶、二茶。飲みやすいので、毎日の食事と一緒にどうぞ。また、気分を元気づけ、活性化させてくれるレモングラスは、鎮痛作用や殺菌作用にも効果があるといわれています。休憩時間に、おやつと一緒に飲むのもおすすめです。温冷どちらでも美味しくいただけます。







ジョージ・ピーターソンのウッドボウル入荷

お待たせしました。久しぶりにジョージのウッドボウルが入荷してきました。
今回入荷したのはお問い合わせの多かったメープルボウル。ですが、ただのメープルではなく、スパルテッドウッドと呼ばれる菌が入り込んで作られる不規則な模様が特徴の木材を使用しています。白樺やメープルのように明るい色の木材は黒いラインや模様がよく映えるので、スパルティングの木材としてよく使われるそう。自然がつくり出した美しいラインや模様を最大限に生かしたジョージのボウルをぜひ、ご覧下さい。




November 23, 2011

リリスロケットの花器

以前、入荷した際にあっという間に旅立って行った、リリスロケットの花器の大が入荷しました(以前は小)。何とも言えない滑らかな感触と優しさを感じるシェイプはテーブルのセンターやシェルフに置くだけで存在感があります。花を生けてもそのままでも。
サイズ:直径15cm×高さ17cm 18,900円

ありがとうございました

11月12日から始まった「on the table | below the table」に足を運んでいただいた皆様、本当にありがとうございました。
工房イサドの本田さんも在廊してくださり、名古屋のお客様との会話を楽しまれていました。そして何より、沢山の作品達が皆様の元へ旅立っていき、とても嬉しく思っています。ジョージも日本に来日はできませんでしたが、スツールが置かれた空間を写真で見て、自分の目で実際に見ることができないのは残念だけれど、空間にマッチしたスツールにはとても満足している、とコメントを寄せてくれました。

今後も皆様に楽しんでいただける企画展を企画していきたいと思います。

November 15, 2011

愛媛のみかんジャム

みつこじさんのジャムの中でも毎年人気の「みかんジャム」が入荷しています。一人で一瓶あっという間に食べてしまえる美味しさ。とても濃厚なジャムです。パンに、ヨーグルト、パンケーキなどに、どうぞ。1本840円店頭で販売中。
ジャムがのっている鍋敷きは、もちろん、工房イサド、本田さんの作品です!





November 14, 2011

on the table/below the table の続き・・・3

12日から「on the table/below the table」がはじまりました。テーブルの上には様々な形をしたカッティングボードや鍋敷き、パン皿などが並んでいます。お越しいただいたお客様は、素材や形、風合いが違う作品をひとつひとつじっくり見て、使用する様子を想像しながら楽しそうに選んで行く姿が多く見られました。本田さんは、お客様とコミュニケーションを取るのが大変上手で、お客様から質問されることに対して、丁寧に説明される姿が印象的で、本田さんワールドに引き込まれて、まとめて買われるお客様も多かったようにお思います。

本田さんは土曜、日曜と在廊される予定でしたので、12日の夜はご飯を一緒にいただき、色々なお話をしました。もの作りをされる方なら、もちろん、自分なりのものつくりに対する考えはお持ちだと思いますが、本田さんは、しっかりと本田ワールドを持っている方で、作品を見れば本田さんのだ!とわかるくらいしっかりと作品が主張しています。愛嬌があり、思わず、手に取ってみたくなるような作品です。。。今までもお会いして話はしてきましたが、こんなに長くお話をしたのは初めてで、木工の世界に入るまでのことや、作品について、その他色々な話を聞かせていただきました。。。

月曜日からは本田さんは在廊されませんが、まだまだ、店内には素敵な作品がいっぱい並んでいます。まだ、いらしてない方は、ぜひ、ご覧下さいませ。人気のジョージのメープルボウルや、存在感のあるスツールも見応えありますよ。








November 09, 2011

on the table/below the table の続き・・・2

土曜日から始まる「on the table /below the table」の準備が着々と進んでおります。
昨日も本田さんから荷物が到着しました。カッティングボードのバリエーションも多く、厚みのあるしっかりとした鍋敷きやトレイは女性だけではなく男性の方にもおすすめしたくなる形。その他、お盆やパン皿、盛皿、四角や丸の取ってが付いたコースター、サーバーやかきまぜスプーン、持ち手の丸みがかわいいスプーンなど、とにかく見応えがあります。(全部並べられるかちょっと心配。。。)
今回、ジョージと本田さんには机の上と下というテーマで制作していただいてますが、素材の持ち味を生かしたデザインや綺麗に整えすぎない部分はお二人に共通している所だと思います。机の上と下で制作するものは違いますが、同じ空間に置いても違和感なくとけ込むはずです。。。
お二人の作品以外には、ババグーリのお茶やteteriaさんの紅茶、みつこじさんのみかんジャムも到着しています。みなさんの五感をフルに使って楽しんでいただける展示になれば・・・と思っております。皆様とお会いできるのを楽しみしていますので、ぜひ、足をお運び下さいませ。。(明日、金曜日は準備のためショップはお休みとなります。)

本田さんのブログにも素敵なお話が載っていました。こちらもどうぞ、ご覧下さい。










November 01, 2011

on the table/below the table の続き・・・

工房イサドの本田淳さんとサークルファクトリーのジョージ・ピーターソンの2人展が、11月12日(sat)〜始まります。
住所登録していただいた方の元にはDMが届いていると思います(メール登録の方は近々メルマガが届く予定です。。。)
関東やクラフトフェアで活躍されている本田さんですが、意外にも、名古屋では初の展示となります。先日、連絡を取った際にはカッティングボードはほぼ終わり、現在は鍋敷きやカトラリーの仕上げをされているとお知らせ下さいました。どんな感じで仕上がってくるのかとても楽しみです!と、ここまで本田さんのお話をしたにも関わらず、これから紹介する写真はジョージの作品となります。(すみません)本田さんのカッティングボードにお菓子とコーヒーをのせた写真やカトラリーも近々アップしますので、お許しを。。。
今回の展示のために制作されたジョージのスツール。やっぱり素晴らしいです!写真にあるタイプともう1点を除いては、彼が常に言い続けているように、乾燥処理の最中に、木材内部の応力で作品に歪みやヒビが入り、自分自身では考えつかないような自然発生的な形状が生まれ、それを生かして仕上げた作品ばかりです。通常、木の割れはネガティブに考えられがちですが、割れも含めた景色や造形が彼自身の作品なんだと語ります。以下、ジョージの言葉より・・・

「The bowls and stools are made from North Carolina hardwoods. They are formed from solid blocks of wood that are carefully selected to economize and emphasize the character of the material. I use unseasoned wood that often cracks and distorts as it dries. This adds an element of spontaneity to the forms that I really enjoy. It creates negative space, shadow, distortion. The cracks bisect the shapes revealing profiles, textures and a glimpse into the mass of the piece.」
「私の制作するボウルやスツールは、米国ノースカロライナ州の硬材を材料としています。慎重に選び抜かれた木材の塊から形を作り出すことで、木材の特徴を最大限に生かします。私は、乾燥するとひび割れたり変形したりすることが多い生木を使います。この割れや変形によって、自由な要素が加わり、思いがけない形が生まれることを、私は非常に面白いと思います。さらに、隙間や影、歪みが創り出されます。割れによって形は二つに分断されますが、そこから輪郭や質感が現れてきて、一つの作品としての姿が垣間見えてくるのです。」
彼の作品に対する考え方を知る事で、作品の見え方も変わってくるかもしれません。