January 27, 2019

森本 仁「茶と花」展

森本 仁「茶と花」展 2019 1.26sat > 2.3sun 作家在廊:26(土) 27(日)/
CLOSE:29(火) 12 :00~18:00森本 仁「茶と花」展 2019 1.26sat > 2.3sun[作家在廊:26(土)・27(日)/CLOSE:29(火)] 

備前の地に生まれ、備前焼作家であるお父様のもとで育った森本仁さん。 
大学では彫刻を学び、卒業後は美濃・豊場惺也氏に焼きもの制作に関わる全てを教わりました。 森本さんにとって、とても大切なこの二つのルーツをご自身の軸として 備前焼、釉薬もの両方の作品制作に取り組まれています。 今回の「茶と花」展は、制作の傍ら、ゆっくりとお茶を淹れたり 自然豊かな工房の周りで採れる山野草を中心に花を活け、 日々の暮らしを愉しまれている森本さんを想像し添えた題名です。 そんな森本さんにお茶を淹れるための道具やお茶菓子をのせる皿、 さまざまな形の花器をご用意していただきました。 登り窯で焼き締めた窯変の美しい備前焼の作品から 備前の土を使い灯油窯で焼成する白花シリーズや黒釉のものなど、多数展示いたします。 
ぜひこの機会に皆様に足をお運びいただけましたら嬉しく思います。

 “日々の生活の中で感じたものを形にしています。 
花もお茶も自分にとって欠かせないもの。 
素材を生かすものづくりをしたいと思います。 ご覧いただけたら幸いです。”   森本 仁

Hitoshi  Morimoto 
1976年 岡山県備前市に生まれる 
1999年 東京造形大学彫刻科卒業  美濃・豊場惺也氏に師事 
2003年 備前市にて制作を始める 
2011年 岡山天満屋にて初個展
2014年・2015年 茶の湯の造形展入選 現在、各地にて個展・グループ展を積極的に行う


January 24, 2019

陶芸家 森本仁 挿花家 谷匡子が織り成す 器と花の一期一会 〜梅の花咲くころ〜

森本 仁「茶と花」展 2019 1.26sat > 2.3sun 作家在廊:26(土) 27(日)/
CLOSE:29(火) 

一昨年前の秋、印象的な時を過ごした。 
日没後の店内で、灯りを消して1本の蝋燭の光の中で陶芸家の大きな甕に山の花を活ける場に立ち会った。 蝋燭の微かな光は、暗がりにぼんやりと曖昧に花の影を浮かび上がらせ、開け放った窓から聞こえる雨音、枝に鋏を入れる音、甕に水を注ぐ音、ただそれだけが静かな空間にあった。 挿花家の谷匡子さんは、岩手の里山で育った野生の花々を、次々と迷いなく挿していった。自然の赴くままに。その姿は、花と同化した精霊のような佇まいだった。 活けながら、暗がりの中でたまにぽつぽつと話される中で、心に強く残った言葉。 「(花の姿が)見えなくても花は活けられるのです。花が導いてくれるのです。」 最後の一枝を投げ入れ、部屋の灯りがともされた瞬間、岩手の山の匂いとともに、美しい花の「気配」が生まれた。 ふいに涙が溢れた。

Analogue Llfe 2017 秋の夜のしらべ「霜降りの舞」の記憶(スタッフ佐野) ___________________________________________________________ 

今回は森本仁さんの花器に、谷さんが花を添えて下さいます。
花を愛する森本さんの作品と谷さんのひと枝が出会った時、その場にどんな空気が生まれるか、その時間の流れとともに、皆様と共有できればと思います。 予約などなくご自由にご覧いただけます。ぜひこの貴重な機会、立春近づく冬の空気の中、皆様にお愉しみいただけましたら幸いです。 

陶芸家 森本仁 挿花家 谷匡子が織り成す 器と花の一期一会 〜梅の花咲く ころ〜 
*15時〜17時 予約不要 
*写真は2017 NY HENRYBUILTで行ったAnalogue Lifeの展示で、花活けパフォーマンスをする谷匡子さん。

January 05, 2019

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。 本年も宜しくお願いします。 

お休みのお知らせ 1月8日(火)まで実店舗はお休みとなり、9日(水)から営業スタートとなります。(オンラインショップの注文受付は年中無休 出荷は4日〜) 
The Nagoya shop will be closed until Jan 9th. The online shop will be accepting orders as usual. Orders received from the 31st will ship on Jan 4th. . 

1月26日(土)〜2月3日(日)までは森本仁 「茶と花」展を行います。
挿花家の谷匡子さんや岐阜県東白川村で活動する添いさんにもご参加いただく楽しい展示です。詳細は後日お知らせします。 
Our first exhibition of 2019 “CHA TO HANA” will feature the ceramic work of pottter Hitoshi Morimoto. The exhibition will run from Jan 26th to Feb 3rd. . 

京都 みたてさんのお正月飾り 「田守り」

December 30, 2018

2018年を振り返って

早いもので2018年も本日で最後となりました。
今年を振り返ると本当に多くの方と出逢い、助けられ、いろいろなことに挑戦した1年だった気がします。1月にganga展で始まり、昨年に続いて3月にはアメリカミルバレーでの展示、帰国してからは11の展示を行いました。これは実店舗を始めた約8年間の中で一番多い展示数となり、これが実現できたのはやはり参加してくださった作家の方をはじめ、御来店いただいたお客様やオンラインショップのお客様、スタッフ、また展示を行うために力を貸して下さった方々がいたからこそ実現できたことだと思っています。毎回思うことですが、Analogue Lifeがあるのは周りで助けてくださる方が沢山いるからだと日々感謝の気持ちを持ちながらお店の業務を行なっていますが、年末になると更にその気持ちが強くなります。そして、自分自身にも今年はよく頑張ったと言ってあげてもよいかな?とはじめて思えた年でもありました。。。オンラインショップをはじめて約10年、あっという間に過ぎた気もしますが、やはり紆余曲折あってここまで辿り着いたということを改めて思い出しますし、それは全て自分の財産である、と有難い気持ちにもなります。今後も楽しいこと、辛いこと、色々あるとは思いますが、全ての経験に無駄なものはないはずなので、前を向いて進んで行きたいと思います。最後になりましたが、今年もAnalogue Lifeを支えていただきまして本当にありがとうございました。2019年もどうぞ宜しくお願いします。

埼玉へ

 KUROI HITO | Hideo Sawada. 

彫刻家 沢田英男さんと打ち合わせをするために埼玉へ。 
打ち合わせの場所は、奥様の純子さんが以前営んでいたギャラリーで。 
南側の窓から入る優しい陽射しに照らされた沢田さんの彫刻は、生まれた場所に飾られて、とても居心地が良さそうな、そんな雰囲気を漂わせていました。 

Analogue Lifeでの空間ではどんな表情を見せてくれるのでしょうか。。。
今からとても楽しみです。 

 沢田さんの個展は2019年5月25日(土曜日)〜 

We visited the studio of wood sculptor Hideo Sawada recently to discuss his exhibition at the shop scheduled for May 2019. 




December 07, 2018

鉄作家 大山 求 展

 2018 12.8sat > 16sun [作家在廊:8(土)/CLOSE:11(火)] 

鉄が持つ様々な表情を切り取り、形にする大山求さん。
 “時に火の中で黒錆て、時に空気中の水分を含み赤錆て” 必然と偶然の中で表情を変える、 その時々の鉄の姿をありのままと捉え、 慈しむように手を添えて生み出す大山さんの作品は、 自然であること、自然であるが故のうつろいが ものの見方や表現方法により、 どのようにも捉えられるという事を、 私たちの内面へ語りかけてくれているようです。
 2018年最後の展示となる大山求展では、 この時期に相応しい、 灯明、スタンドライトやペンダントライト、什器、カトラリー、 花器、茶道具など約200点を展示いたします。
 ぜひ、大山さんの世界観を肌で感じていただけましたら 嬉しく思います。 

大山 求 
Motomu Oyama 東京生まれ 
セツ・モードセミナー卒業 フリーランスのイラスレーター、美術制作を経て、 2007年 自然豊かな山口県にて鉄に従事するアトリエを構える 

“金属の作品は、見る環境の光や空気により感じ方が変わります。 ある意味、環境や使い手に委ねたアンビエントな在り方です。 アナログライフの空間で、鉄や銅、琺瑯作品がどのように皆様の眼に映るのか。 名古屋で初の個展、お楽しみいただけたなら幸いです。”
す。














November 16, 2018

新入荷

オンラインショップにも様々な商品が入荷しています。また今週から来週にかけてオンラインショップに新商品が更に追加されますし、実店舗にも実際手に取ってご覧いただきたい布なども並びます。
Analogue Lifeは海外のお客様も多く、11月末にはすでにクリスマス用に色々な商品が動きます。気になるものがございましたら早めにご購入されることをお勧めします。

https://analoguelife.com/ja
https://analoguelife.com/en




























































































































ネガティブポジティブ

私は自分のことをネガティブポジティブと呼んでいる。
世の中は、ポジティブやネガティブのどちらかで物事を捉える人に分ける傾向がありますが、私は何かが起こると最初はネガティブに物事を捉えますが(そういうリアクションをしますが)、最終的にはポジティブな考え方になっています。こう考えると逆のポジティブネガティブと呼べる人もいるのかもしれませんが、結果、前向きになれたらいいじゃないか、というのが私の考えです。同じような人、結構いる気がします。ネガティブポジティブ。。。

October 27, 2018

伊藤 環 展

2018 11.3sat → 11sun 

名古屋初個展となったAnalogue Lifeでの展示から、実に3年振りとなる伊藤環展。 
今回は環さんの代表的な作品である錆銀彩や枯淡釉、白泥灰釉などを使った定番品のほか、 マグ、ケーキコンポート、ミルクピッチャーなどのうつわやランプシェード、キャンドルホルダーなど、 この季節にコーヒーの時間をゆっくりと楽しんでいただけるアイテム約300点を展示、販売。 併せて、環さんがプロデュースする「1+0(イチタスゼロ)」のプロダクトもご紹介します。 環さんの作品を名古屋でご覧いただける貴重な機会です。ぜひ沢山の方にご高覧いただけましたら幸いです。 また、今展にあわせて岡山のキノシタショウテンさんのコーヒー豆を使った mitsukojiさんのコーヒーバナナジャムとコーヒージャムの2種類をご用意しました。(店頭販売のみ) みなさまのお越しをお待ちしております。




















[ Analogue Life 〉  作家在廊:3(土)/CLOSE:6(火) ] 

 伊藤 環 Kan Ito 1971年生まれ。  
大阪芸術大学卒業後、京都にて山田光氏(走泥社創始者)に師事。  
信楽 “陶芸の森” にて各国若手作家と競作の後、郷里秋月へ戻り、父 橘日東士氏と共に作陶。 
2006年  神奈川県三浦市三崎に開窯。
 2012年  岡山県岡山市に移住。 現在、個人の制作と並行して、自らがプロデューサーとして手がけるプロダクトブランド「1+0」を 立ち上げ活動。質の高い手仕事ブランドを目指し、そのジャンルは多岐にわたる。

 ▽Analogue Lifeで展示予定の1+0アイテム 
*1+0 Pottery |スタッキングマグ+ソーサー| 江戸時代の「陶工」と呼ばれる職人の仕事を現代に改めて生みだしたもの。 

 *1+0 Tool #1, 2 |Folding  Chair| 立ち姿が美しい古いフランスの骨董品の折りたたみ椅子を再現。 高岡クラフトコンペ2018 優秀賞受賞。 

 *1+0 coffee beans |オリジナルロースト珈琲豆| インドネシア リントン ニフタ マンデリン・深煎り/100gと200gの2種類をご用意。 岡山を拠点に世界で活躍する若きロースター木下尚之氏に、 貴重なマンデリンの豆を伊藤環好みの深煎りでローストしていただきました。 酸味が少なく深いコクと独特な後味が特徴です。 

Analogue Life 〒467-0004 名古屋市瑞穂区松月町4-9-2,2F Tel 090-9948-7163 Open 12:00〜18:00 Close〈展示期間中〉6(火)のみ *2(金)は展示準備のためお休みします *地下鉄桜通線「桜山」駅4番出口より徒歩約15分 http://www.analoguelife.com 
_________________ 

 〈同時開催〉 


























予ねてから親交があり、Analogue Lifeと 伊藤環さんとの橋渡し役であった 新栄の洋服と器の店「pas á pas(パザパ)」にて、 1+0の新作word robe のパンツを 展示販売いたします。 
[ pas á pas 〉作家在店:4(日)/ CLOSE:5(月)・6(火) ] ※Analogue Lifeのお休みとは異なります。お気をつけください。 







































 “とある店で見つけた1930年頃の フランスの古いワークパンツ。 いつまでも履きたい想いを形にしました。 今期の素材は初めてウールを使用。 フランスの鉄道員の古いパンツを 冬用のパンツに仕立てています。” 伊藤  環 

 ▽pas á pasで展示予定の1+0アイテム 
*1+0 word robe #01 | work pants| #02 |wool pants / 2018AW| 

pas á pas 〒461-0004 名古屋市東区葵1丁目18-15 加藤ハイツ1F 
Tel 052-979-7778 Open 13:00〜20:00 Close 毎週月・火曜日  http://www.pas-a.com/

September 22, 2018

杉島大樹×ハタノワタル 二人展 「素材の可能性」

2018 10.6sat > 14sun[作家在廊予定:6(土)/CLOSE:9(火)]

 自然豊かな長野県駒ケ根市に工房を構え、鍛金作家として日々金属と向き合う杉島大樹さん。 素材そのものを活かした日常使いの調理器具や、金属だからこそできる表現を追求した花器、 緑青の盤や垂撥に表面加工を施し、独特な雰囲気を纏った美しい作品も制作されています。 ハタノワタルさんは、紙づくりの産地として800年以上続く京都府綾部市にて黒谷和紙の紙漉き職人、また 和紙作家としても活動されています。和紙という素材の可能性を探りながら、和紙制作をはじめとした 暮らしを豊かにする日用品や絵画、近年では内装や施工も手掛けられています。 
金属と和紙を素材にした作品でどのような空間を創りだすことができるのかー。 今展はそれを意識しながら、お二人に制作していただきました。一見、相反する印象の素材をお互いどのように引出し、引き立て合うか。 とても興味深い展示になりそうです。
ぜひ、皆様にご覧いただけましたら幸いです。

杉島大樹  展示予定作品 :鉄鍋、銅鍋、ココット、皿、お盆、花器、緑青の盤など /   ハタノワタル  和紙、敷板、茶箱、座卓、絵画など

人と違うという事

自分の幼少期を振り返ってみると、周りの大人たちはどう思っていたかはわかりませんが、物事に対する感じ方が人とは違っていました。当時は何が違うかはっきりわかっていませんでしたが、感受性が強かったのもあり、多くの人が感じる面白いことや楽しいこと、また悲しいことが少々ずれていました。日本の学校は個性を活かすという教育はされていないし、幼稚園から同じ制服を着て鞄を持ち高校までそれが続く。そんな幼い時期から外見が「同じ」でないとおかしいという事を自然に刷り込まれるため、考え方や感じ方についてもある程度の「同じ」が求められる。正直日本では、人と違うということは少なからず生きにくさというものを感じながら過ごさなければならない。でも今になってようやく言えることですが、人と違うことで味わった数々の出来事や感情をマイナスとして捉えるのではなく、それを活かす職業に就くか、なければ自分で仕事を作ればいいのだと今では思える。今の時代SNSが普及したことで、よりそういったことが出来る状況にある。もしかしたら、今まで人と同じ考えしかできなかった人の中には、自分がみんなの中に埋もれて個性がなく悩んでいる人もいるかもしれない。結局人生は自分が経験したこと、味わった感情の延長線上にしかないので、人と違っていても、そこを極めて次のスッテップを踏み出してくれる人が一人でも増えたらいいと思う。私は今、Analogue Lifeという店があることで、人と違うということが少なからず活かせていると思う。そしてそれが少しでも誰かの勇気になれば、と思っています。

最近、お店以外の個人的なことを何故書くのか不思議に思う方もいるかもしれないのですが、(ブログを読んでくれてる人はそんなにいないと思いますが。。。)最近お店は佐野さんという素晴らしいスタッフに任せていて、私がお店に立つことも少なくなりました。だからこそ、お店の作品のセレクトであったり、お店の成り立ち、また店主がどういう人か、その裏側を少しでも知っていただくことで、Analogue Lifeという店により興味を持っていただけたら嬉しく思います。今後ともどうぞ宜しくお願いします。

August 23, 2018

モノを選ぶ基準

雑誌の取材で度々聞かれるのが、「店で販売しているモノはどういう基準で選ばれているのですか?」という質問がある。
雑誌の取材なので何とか言葉にしなければいけないので色々お伝えはするのですが、大事にしていることは、モノを見た時に心を動かされるか、制作している人に魅力を感じるか、この2点に絞られる気がします。人として魅力がない人が素敵な物を作るとは思えないし、人の心を動かすモノを作る人というのは、表面的な事にとらわれず本質をしっかりと見ている人だと思います。ですから、そういう人が作るものに自然と惹かれますし、私がそこを大切にしているから必然的に同じ価値観を持った作家のモノを選ぶのだと思います。モノを選ぶ時はもちろんモノを見ているのですが、実はモノを通して人を見ているのかもしれません。
私が個人的に好きなお店は、店主に惹かれて通うことが多く、その方を信頼しているからこそ、そこに集められたものは無名のものでも店主と自分の感覚を信じて購入することができますし、何より店主に惹かれているから、その方と会話することが楽しくて通うことも多いです。今はとても選択肢が多く選ぶこと自体とても大変ですが、そんな時は自分の直感を信じるのが一番!そう思っていつもモノを選んでいます。


服部竜也

2018 9.1sat > 9sun[作家在廊:1(土)/CLOSE:4(火)]

繊細で美しい器づくりに定評のある服部竜也さん。 
近年では毎年国内外で展示を行い、さまざまな体験をすることで 御自身の制作スタイルがより明確になっているように感じます。 
Analogue Lifeでの展示も3度目となる今展では、 さらにシンプルで美しいものを追求し、 白・黒を中心とした食卓でも使いやすい種々な形の器を展示いたします。
 ぜひ、この機会に手にとっていただけたらと思います。 
展示品:カップ、マグ、ボウル、プレート、急須、ポット、耐火土瓶、茶器、花入、ランプシェードなど約350点ほど展示いたします。

Tatsuya Hattori 
1978年 岐阜県多治見市生まれ 
2004年 多治見市陶磁器意匠研究所  修了 
2012年 岐阜県土岐市に工房を構え制作

August 17, 2018

カナダを訪れて

先日、12年ぶりとなるカナダへの里帰りから帰国しました。
Analogue Lifeは、20年以上前にアメリカとカナダを訪れた時感じた疑問や違和感がきっかけで始まったお店ですが、実際お店をはじめて、その時に思い描いたことを2017年の春にNY、2018年春にサンフランシスコで自分たちが中心となって関わり展示を行うということで実現しました。カナダ行く前は昔訪れた場所へ行って、今なら何を感じるのか、と考えていましたが、実際にカナダに着くとそれよりもカナダらしい場所へ訪れてカナダ人の普段の生活、使っているものも含め彼らの暮らしぶりを感じようと様々な場所を訪れました。知人が持つ、kawagawa lakeのコテージにプライベートボートで行ったり、アイスワインで有名なナイアガラオンザレイクで観光したりピクニックをしたり、沢山の食が集まるマーケットへ行ったり、自然を満喫する以外にも美術館や博物館にも訪れました。Analogue Lifeでは国内外にものを販売していますので、彼らの生活を見たり知ることは私達にとってとても大切な事です。友人宅で食事をした際も、朝食や夕食で使う皿の大きさ、カトラリーの種類、チーズボードの機能性に驚いたり、毎朝使うマグの大きさや、ガス、IHどちらがよく使われているか、キッチン、部屋の大きさによって、普段大きいと思っていた花器やオブジェも、どの程度に見えるのかなどなど、どんな小さなことでも全てがAnalogue Lifeに繋がっていました。今回はあえて同業者のお店を見たりすることもなく、自分の感覚を頼りに進んで行きたい方向を素直に感じる旅になったような気がします。
この経験を皆様にちゃんと還元できるよう、この時に感じた事をもう少しだけ熟成させたいと思います。





July 03, 2018

八田亨展

 2018 7.7sat > 15sun[作家在廊 : 7(土)/CLOSE : 10(火)] 

土が持つ魅力を引き出すため、日々ご自身のうつわと向き合い作陶されている八田亨さん。 ガス窯と薪窯を使い分け、そこから生まれるうつわは表情豊かで、 どんな料理も受け止めてくれる、おおらかさがあります。 Analogue Lifeでは初めてとなる八田さんの個展では、 白掛け、三島、黒釉など幅広いアイテムを展示していただく予定です。
 普段の食卓で活躍するお気に入りの1点を探しに、ぜひお越しください。

 “山の稜線、新緑の緑、雲の形など、自然が形作るものはいつでも美しく感じます。また、自分の作るやきものも それらと同じ様に在りたい。最後に自然(炎)に作品を預ける焼物だからこそできる境地があると思っています。”                      
八田亨

1977年 金沢で生まれる/2000年 大阪産業大学工学部環境デザイン学科卒業/2000年 日本クラフト展 入選 2002年 朝日現代クラフト展 入選、朝日陶芸展 入選/2003年 独立/2004年 穴窯築窯 2005年 朝日現代クラフト展 入選/2009年 初個展(wad/大阪 ) 、個展・企画展を全国で開催中