September 29, 2019

吉田次朗展

Jiro Yoshida Exhibition 吉田次朗 展 
うつわと 花器と オブジェと 
2019 10.19sat > 27sun[作家在廊:19(土)/CLOSE:22(火)] 

2016年から実に3年ぶりとなる吉田次朗さんの個展を開催いたします。 
今展ではグレーや白の器を中心に、造形的にも美しくユニークな形の花器や、 針金を使ったオブジェ、陶製の人形などを展示いたします。 
ぜひ皆様のご来場をお待ちしています。 

 吉田次朗 Jiro Yoshida 
1979年 東京生まれ / 1998年 東京都立工芸高等学校卒業 / 
2001年 studio MAVOにて制作をはじめる 
岐阜県多治見工業高等学校 陶磁科学芸術科卒業 / 2006年 山口県に移住 / 
2013年 岐阜県に移住 

*初日の予約受付は終了いたしました。ご予約のメールをいただきましてありがとうございました。ご予約が確定された方には順次12日までにメールを差し上げます。10/9 20:04

19日(土)のみ、10名様30分毎の入店制限をいたします。【予約制】 
初日は混雑が予想されますので事前に入店の予約を募らせていただきます。 
何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。(2日目以降につきましては、どなたでも自由にご覧いただけます) 

ご予約方法(おひとり様1回限り)
 ◎10月9日(水) 20:00よりメールにて受付を開始いたします。
※20:00前にメールをされた方の予約は無効となります。 

◎〈宛先〉info@analoguelife.com   
〈件名〉10月19日 吉田 次朗展 予約希望   
〈本文〉来店される方全員のお名前(ご本人様を含み2名様分まで予約可)と、ご本人様のお電話番号を記入して送信してください。
※今回頂いた個人情報は今展での連絡にのみ使用いたします。 
◎先着順にて時間を決定させていただきます。※時間の指定はご遠慮ください。  
ご予約が確定した方のみ12日までに順にご連絡いたします。この返信メールをもって予約完了といたします。 
◎「info@analoguelife.com」からの返信メールが届くよう、携帯やパソコンの設定をお願いします。 
※予約人数に達しましたらサイトのNEWS欄でお知らせいたします。 
※当日ご入店の際は予約完了メールをご提示ください。(プリント可) 
※当日遅れる方は必ず事前にご連絡ください。 
※入店時間は多少前後する場合がございますのでご了承ください。 
※アイテムによって当日数量制限がございます。 
※当日、2日目以降の展示状況は、サイトのNEWS欄で随時更新いたします。 

〒467-0004 名古屋市瑞穂区松月町4-9-2,2F Tel 090-9948-7163 
〈展示期間中〉Open 12:00~18:00, Close 22(火)のみ 
*17(木)・18(金)は展示準備のためお休みします 






August 24, 2019

9月の展示のお知らせ

休日の風景 
2019 9.14sat > 22sun[CLOSE:17(火)] 

私たちにとってなくてはならない「休日」。
その過ごし方は人によって様々ですが、 休日を過ごすということは、元気な毎日の活動を支える、とても大切な営みです。 のんびり寛いで心とからだを落ち着かせたり、好きなことに没頭するなどして、 できる限り日頃の自分を労ってあげたいものです。 
例えば、ゆっくり本を読む。好きなコーヒーや紅茶を淹れる。お茶を点てたり、お酒を愉しんだり。 料理や掃除、庭仕事。友人と会ったり、お買い物にでかけたり… 
休日だからといって特別で贅沢なことをしなくても、 いつもより少し丁寧に過ごすだけで気分を満たすことができます。 そんな休日を過ごすお手伝いができたらと、この展示を企画しました。 今展では、それぞれの休日の風景を想像しながら、 テーマごとに多数の作品をご用意いたしました。 ぜひこの機会に、みなさまの休日を一緒に過ごすアイテムを見つけにいらしてください。 

 【ARTIST + MAKER】 
安部太一/東屋/1+0/大江憲一/釜定/ganga/小林裕之・希/Shimoo Design/ 柴田慶信商店/須浪亨商店/sen 西本卓也/TAjiKA/千葉工作所/ つちや織物所/den TAJIMA/土楽窯/ハタノワタル/初田徹/八田亨/服部竜也/ 富貴堂/福井賢治/松野屋/宮下香代/吉川和人/米澤箒工房/ デルベア(ジャム)/テテリア(紅茶)/喫茶クロカワ(コーヒー) 

Taichi Abe, Azmaya, 1+0, Norikazu Oe, Kamasada, ganga, Hiroshi & Nozomi Kobayashi, Shimoo Design, Yoshinobu Shibata, Sunami Toru Shoten, sen Takuya Nishimoto, TAjiKA, Chiba METAL Works & Design, Tsuchiya Orimonosho, den TAJIMA, Dorakugama, Wataru Hatano, Toru Hatsuta, Toru Hatta, Tatsuya Hattori, Fuukidou, Kenji Fukui, Matsunoya, Kayo Miyashita, Kazuto Yoshikawa, Yonezawa Hoki Kobo, DERBÄR(jam), teteria(tea), cafe KUROKAWA(coffee) 

【展示例】 
*家でゆっくりと過ごす 
急須:東屋/燭台・花器:安部太一/ ラグ:ganga/サイドテーブル:Shimoo Design/ ライト:sen 西本卓也/箱・座卓:ハタノワタル/ モビール:宮下香代 ほか 

*コーヒーや紅茶を愉しむ 
コーヒー:喫茶クロカワ/紅茶:テテリア/ ジャム:デルベア/マグ・ピッチャー:安部太一/ ドリッパーセット:大江憲一、千葉工作所/ ドリッパー:富貴堂/小さな木の皿:吉川和人 ほか 

*料理を盛り付ける 
織部釜:土楽窯/お櫃:東屋/ 皿:1+0(イチタスゼロ)/フライパン・洋鍋:釜定/ フキン:ganga/皿・お盆:Shimoo Design/ 鍋敷き:須浪亨商店/箸・箸置き:初田徹/ まな板:福井賢治 ほか 

*茶を愉しむ
 抹茶茶碗:大江憲一/ 数寄屋袋・懐紙入れ:つちや織物所/ 茶入:服部竜也/茶杓・菓子切り:初田徹 ほか 

*お酒を愉しむ 
片口・ぐい呑・皿:小林裕之・希/ 徳利・片口・ぐい呑:八田亨/ ピッチャー・グラス:東屋 ほか 

*庭仕事 
鋏:TAjiKA/蚊遣り:松野屋 

*掃除 
箒:米澤箒工房/たわし:東屋/ ちりとり・箒:松野屋 

*お出かけ 
いかご:須浪亨商店/巾着・鞄:den TAJIMA/ お弁当箱:柴田慶信商店 

Analogue Life 〒467-0004 名古屋市瑞穂区松月町4-9-2,2F Tel 090-9948-7163 〈展示期間中〉Open 12:00〜18:00, Close 17(火)のみ おしらせ 
*実店舗は9月4日(水)より通常営業(水〜土)いたします。 
*12(木)・13(金)は展示準備のためお休みします。 



July 30, 2019

お休みのお知らせ

本日は展示期間中のお休みとなりますが、明日から8月4日(日)まで大山 求 × 服部竜也 二人展は続きます。 お二人の作品を組み合わせることでしか生まれない美しく凛とした佇まいの作品を、ぜひご覧いただけましたら幸いです。 

服部さんが新しく始められた灰釉シリーズは、アイテムを広げ、湯呑やマグ、鉢、皿など普段使いしやすいものも多数展示しております。また大山さんのスタンドライトや灯明、Wall Lampも普段からお問い合わせの多いアイテムですが、実物をご覧いただける貴重な機会です。お時間ございましたら、ぜひお立ち寄りくださいませ。 

*気になる作品がございましたら、info@analoguelife.comへお気軽にお問い合わせください。 
 大山 求 × 服部竜也 二人展 Motomu Oyama × Tatsuya Hattori Exhibition 2019 7.27sat > 8.4sun[作家在廊:7.27(土)/CLOSE:7.30(火)]



July 17, 2019

大山求×服部竜也展

Motomu Oyama × Tatsuya Hattori Exhibition 2019 7.27sat > 8.4sun
[作家在廊:7.27(土)/CLOSE:7.30(火)] 

金属の独特な質感や肌合いを活かし作品制作をされる大山求さん。 
細部まで意識が行き届いた繊細なつくりに定評のある服部竜也さん。
 実店舗の常設展示では、おふたりの作品を組み合わせて ご紹介することが多かったことから、大山さんと服部さんにお声がけし、 二人展を行っていただくことが実現しました。 互いに面識があり、それぞれの特徴を理解しあっている おふたりですから、双方の作品を活かすことを考えながら 制作されていることと思います。 
今展では、中国茶器を中心とし、服部さんには新作の茶杯や お酒を楽しむワインカップやデキャンタ、花器などを、 また大山さんには、服部さんの茶杯に合わせる茶托や 茶器と組み合わせて使用できる立体敷板や茶盤、壺承、 またその周りを彩る燭台や白琺瑯花器、灯明、スタンドライトなど さまざまなアイテムを展示する予定です。 

実店舗では、8月のお休み前最後の展示となりますので、 ぜひ、この機会に多くの方々にご高覧いただけましたら幸いです。  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 大山 求 Motomu Oyama 
東京生まれ セツ・モードセミナー卒業 
フリーランスのイラスレーター、美術制作を経て、 
2007年 自然豊かな山口県にて鉄に従事するアトリエを構える 

 服部竜也 Tatsuya Hattori 
1978年 岐阜県多治見市生まれ 
2004年 多治見市陶磁器意匠研究所 修了 
2012年 岐阜県土岐市に工房を構え制作 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 Analogue Life 〒467-0004 名古屋市瑞穂区松月町4-9-2,2F Tel 090-9948-7163 〈展示期間中〉Open 12:00~18:00, Close 7/30(火)のみ 
【実店舗のお知らせ】 7月は企画展以外の営業はございません。
また大山求×服部竜也展終了後、 8月末までお休みとなります。 (オンラインショップは24時間メールを受け付けています) 


June 26, 2019

7月の展示のお知らせ

石原祥充(陶) × 只木芳明(木)
Yoshimitsu Ishihara × Yoshiaki Tadaki Exhibition
2019 7.6sat  > 14sun[作家在廊予定:6(土)/CLOSE:9(火)]

 土や木は、古来より私たちの身近に存在する自然素材。
毎日の暮らしが便利になる一方で、 自然素材の温もりや優しい手触りなど 心地良さへの憧れはより一層深まっていくように感じます。
今回、異なる素材を使用して制作している 石原さんと只木さんに二人展を依頼したのは、 プリミティブな要素を内包するおふたりの作品が 同じ空間に展示されることで、
新たな表情を生み出してくれるのではないかという期待からでした。
そしてコラボレーションで制作された蓋物を見たときに、 さらにその想いが深まった事は言うまでもありません。
作品に手を加えすぎることなく、 素材を活かしたおふたりの作品は 日々の暮らしに大切なものが何であるかを 私たちに語りかけているようです。

 “私は一年に二度窯を焚く。 多分、回数としては少ない方だと思う。
そんな中で今回、若い木工作家の只木芳明さんと 二人展用のコラボレーションの仕事をお互い行ったり来たりさせながらやりとり出来たことを とても面白いことだと感じています。”

 石原祥充 Yoshimitsu Ishihara
1971年 大阪府茨木市生まれ
1976年 福岡県直方市に移る
1996年 多摩美術大学彫刻科卒
 1998年 京都市立芸術大学大学院彫刻専攻修了
2006年 現在地に薪窯築窯 独立 “

只木芳明 Yoshiaki Tadaki 
1990年生まれ 
2010年から少しずつ実家の一室で木を彫り始める
現在、埼玉県で器や匙等道具を制作


”材料となる木は一つひとつ違うという 当たり前のことを 

今年に入り改めて実感しています。 同じように彫った匙でも
 手に取ると一つひとつ違うこと、 葛藤の結果であることを 
手に取って感じていただければ嬉しいです。” 

  Analogue Life 〒467-0004 名古屋市瑞穂区松月町4-9-2,2F Tel 090-9948-7163 〈展示期間中〉Open 12:00~18:00, Close  9(火)のみ *4(木)・5(金)は展示準備のためお休みします 
*7月は企画展を2回予定していますので、通常の展示はお休みとなります



June 09, 2019

沢田英男展を終えて

6月2日まで行なっていた沢田英男展には沢山の方にお越しいただきまして、本当にありがとうございました。
これまでのAnalogue Lifeの企画展とは全く異なり、彫刻は実用的なものではないため、どのくらいの方が反応してくださるのかとても不安でした。しかし、本当に多くの方がご来場くださり、それぞれの作品に自分の想いを投影させている姿が印象的な展示となりました。

私自身も展示を終え、改めて自分がタイトルにした「投影」について想いを巡らせていた時に、ふとある作家との会話を思い出しました。 彼女は染織作家で彼女が制作する布を見ながら、私が好きなものについて話をしていた際に口から出てきた言葉だったのですが、「手紡ぎのポコポコと糸が不揃いになっているそのテクスチャーに惹かれる」と。また、「綺麗に織られたものより、素材がより感じられるもの、木製品なら、穴があいていたり歪んでいるもの、朽ちたものに美しさを感じます。それは私が平坦な道を歩んできていないから、そういうものに惹かれるのだと思います」とも。沢田さんの展示で「投影」というタイトルをつけ、改めてその意味を考えた時に、私自身がお店でセレクトしているものに、自分の人生を投影していることに気づきました。不完全なものから感じる美や時を重ねることでしか現ない美しさ、また朽ちていく姿に儚さや寂しさを感じ、それが自分の人生と重なって心動かされるものをつい手に取ってしまうのだと、はっきりとわかりました。綺麗なものへの憧れよりも、自然のあるがままの姿は時に残酷だったりもしますが、そこからしか生まれない美しいものや感情に私は惹かれるのだと思います。

今回展示をする際に、作品の隣にタイトルを書きましょうか?と沢田さんにお聞きしましたが、タイトルを見ると先入観にとらわれてしまうので、その方それぞれの想いで見ていただければとおっしゃっていたのですが、使いやすさなどが重視される器の展示と違い、今回の展示のようにどれを選んでも正解で、自分の感性に任せて選んだ1点はいつまでも心に残り、大切なものとなるはずです。

情報の多い世の中に左右される事なく、自分らしさを大切にするきっかけや、自分と向き合う時間をくれた沢田英男展は私自身も大変勉強になりました。
また2年後に行う予定の沢田さんの展示では、彼の作品の中にどんな自分を映しだすのでしょうか。今からとても楽しみです。。。

June 06, 2019

長野史子展

「6月の静かな情景」 長野史子 展
 Fumiko Nagano Exhibition 2019 6.15sat > 23sun[作家在廊:15(土)、16(日)/CLOSE:18(火)] 

さまざまなガラスの技法や知識を組み合わせ 独自の手法で制作されているガラス作家 長野史子さん。 滑らかな光沢のあるものやマットな質感のもの、 用途のあるものから各々の見立てで料理を盛ったり、そのまま飾ったり。 多彩な表情をもつ長野さんの作品は 使い手の柔軟な発想で自由にお使いいただける魅力があります。 
6月の梅雨の時期に開催する今展では、 ひっそりと佇む長野さんの作品とともに お店の屋根や庭の葉にポツポツと落ちる雨音にもそっと耳を傾けながら、 この時期にしか見ることのできない情景をお楽しみください。 みなさまの心に記憶していただける展示になればと願っております。 

長野史子 Fumiko Nagano 
1974年 三重県生まれ(愛知県育ち) 
1998年 芸術大学卒業後、テレビ局の美術演出の仕事をする傍らガラス工房に通い作品を
    制作し発表する。瀬戸市新世紀工芸館ガラスコース終了 
2005年 瀬戸のピーターアイビー氏の工房(現在は富山)、瀬戸のキッタヨーコ氏の工房、     名古屋の佐々木雅浩氏の工房 などで作品制作。 
2013年 以後、各地で個展など開催 

“スタイリングの仕事をしていた頃、 自分の欲しいうつわを作りたいと思いたちました。 作家ものを自宅でも日常で使うようになり、 つい手に取ってしまううつわには ふところの広さ、余白、心地いいゆらぎを感じます。 時にはハッとするような色鮮やかな洋服を纏いたい気分の日があるように、 遊び心が強いものがいい時もある。 そんな、誰かの毎日にそっと寄り添うようなものを作れたら嬉しい” 

 
 Analogue Life 
〒467-0004 名古屋市瑞穂区松月町4-9-2,2F Tel 090-9948-7163 〈展示期間中〉 
Open 12:00〜18:00, Close 5/28(火)のみ *6/13(木)・14(金)は展示準備のためお休みします https://www.analoguelife.com


May 10, 2019

沢田英男展

Hideo Sawada Exhibition 
 沢田英男 展「投影」 2019 5.25sat > 6.2sun[作家在廊 : 5/25(土)/CLOSE : 5/28(火)] 

 わたしの大切な場所に静かに佇む彫刻。 
そこに目を向けると、 身のまわりで起こっている出来事や自身の心の中の動きとは関係なく、ひととき外の世界がシャットアウトされ、自分と向き合う時間が流れるー。

 沢田さんの個展を開催するにあたり、 あらためて自宅にある彼の作品に想いを巡らせました。 日々の暮らしの何気ない瞬間にとても大切な時間を与えてくれる。 
わたしにとって沢田さんの作品はそういう存在です。

 沢田さんは東京藝術大学の彫刻科を卒業した後、 ドイツ・ニュルンベルクのアカデミーで西洋彫刻を学ばれました。 現在の作風に至るまでに沢山の時を重ねて来られましたが、 纏ってきたものを一枚一枚剥がし、必要のないものを削ぎ落とす作業は 決して容易な事ではなかったと思います。 
しかし、ドイツで培われた造形感覚をもとに 古今東西のかたちを取り入れながら辿り着いた沢田さんの彫刻作品には、 私たちをその場にふと立ち留まらせる力が宿っているようです。 

今展のテーマになっている“投影”という言葉には、いくつかの意味があります。 「自分の心の中にあるものを外の世界に映しだす」 「物の影を平面に写しだす」など。 
沢田さんがこのテーマから何を感じ作品に投影させたのか。 
また、見る側も何をそこに投影させるのか。 
今展の沢田さんの作品に触れる事で、 少しでも多くの方に彫刻作品を身近に感じていただき みなさまの内にあるものをみつめる機会になればと思っております。 
名古屋での初個展。ぜひ、実際に見て感じていただければと思います。

 “動くものを作りたい  彫刻はうごかないけれど” 

沢田英男 Hideo Sawada 
1955年 埼玉県川越市に生まれる 
1980年 獨協大学ドイツ語学科卒業 
1985年 東京藝術大学美術学部彫刻科卒業 
1987年 同大学院彫刻専攻修了     
    ドイツ政府給費留学生として渡独     
    Akademie der Bildenden Künste in Nürnbergに留学     
             Christian Höpfner教授に師事 
1989年 同修了 マイスターシューラーとなる     
             帰国 
             以降、各地で展示を行う 

 http://hideosawada.com 
https://www.instagram.com/sawadahideo/ 

 Analogue Life 
〒467-0004 名古屋市瑞穂区松月町4-9-2,2F Tel 090-9948-7163 〈展示期間中〉 
Open 12:00〜18:00, Close 5/28(火)のみ *5/23(木)・24(金)は展示準備のためお休みします https://www.analoguelife.com

 






April 17, 2019

林 拓児展

Takuji Hayashi Exhibition 
2019 4.27sat > 5.5sun[作家在廊:4/27(土)/CLOSE:4/30(火)]

 現在、岡山にて作陶に励んでいらっしゃる林 拓児さん。 
Analogue Lifeでは初個展となる今展では、 貫入・黒釉・化粧・黒化粧・炭化など400点近くのアイテムを展示いたします。 適度な厚みがあり丈夫で、和洋どちらの料理も受け止めてくれる林さんのうつわは 毎日の食卓で活躍してくれます。
 新緑の美しい季節。駅からの道のりやAnalogue Lifeのお庭を楽しみながら、 ゆったりとした時間を過ごしにぜひお越しください。

 “アナログライフさんで初めての個展ということで、 自分らしいもの、形であったり質感など、 器だけでなく道具的なものを見ていただけたらと思います。” 林 拓児 

Takuji Hayashi 
1977年 愛知県瀬戸市生まれ 
2005年 瀬戸窯業技術センター 研修修了 
2006年 愛知県立窯業高等技術専門校 修了 
現在     岡山にて作陶中

 〈展示期間中〉Open 12:00~18:00,  Close 4/30(火)のみ 
*4/24(水)~26(金)は展示準備のためお休みします 
*4/13(土)~23(火)は企画展および定休日につき、4月は店舗の通常営業はございません 




岡田直人展は今週日曜日までです!

Naoto Okada Exhibition 
2019 4.13sat > 21sun[CLOSE:16(火)]

 13日からスタートしました岡田直人展は初日から沢山の方にお越しいただいております。
 完売しているアイテムもございますが、リム皿、リム鉢、長皿、ピッチャーやマグ、フランスカップ、ポットなどまだご覧いただけるものが沢山ございます。
岡田さんのうつわは、どれを選んでも使えるのが魅力。ぜひこの機会に皆様のご来場をお待ちしております。


March 30, 2019

岡田直人展

Naoto Okada Exhibition 
2019 4.13sat > 21sun[作家在廊:13(土)/CLOSE:16(火)]
 余分なものを削ぎ落としたシンプルなフォルムに ぽってりとした釉薬を纏った岡田直人さんの白いうつわは、 適度な緊張感と温もりがあり 
そのバランスの良さに多くの方が魅了され、長く愛され続けています。 
道具としての役割に重点を置き、 丈夫で普段使いしやすいうつわを作り続けている岡田さんは、 ご自身も食べることがお好きなことから、 料理を盛った姿や使い易さなど、 使い手に寄り添ったうつわを自然に生み出しているのだと思います。 
Analogue Lifeでは5年ぶりとなる今展では、 プレートやボウル、カップ、ゴブレットなど さまざまな形のうつわ約600点を展示いたします。 ご家族分を揃えたい方、自分だけのお気に入りの1点を探されたい方など、 ぜひ多くの方のご来店をお待ちしております。 
※購入枚数は一家族様8点までとさせていただきます。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 “なるべく 足さず、引かず、飾らず。 独立して15年ほど経ちますが、今も変わらない気持ちで器を作り続けています。 私の作った器が皆様のくらしの中で、さりげなく使われお役にたてれば幸いです。” 

 岡田直人  Naoto Okada 
1971年 愛媛県松山市生まれ 
1993年 愛知県立窯業高等訓練校卒業 
2004年 石川県小松市に築窯 
2014年 石川県能美市に工房を移転

Analogue Life 
https://www.analoguelife.com 
〒467-0004 名古屋市瑞穂区松月町4-9-2,2F Tel 090-9948-7163 
Open 12:00~18:00 Close〈展示期間中〉16(火)のみ  
*11(木)・12(金)は展示準備のためお休みします


March 27, 2019

岡田直人展 初日の予約制について

岡田直人展 4月13日(土) ~ 21日(日)  初日作家在廊 
展示期間中16日(火)のみお休み

岡田直人展の初日につきましては、混雑を避けるためメールでの事前予約制とさせていただきます。 予約制は当日15時半までとなりまして、それ以降は何方でもご自由にご覧いただけます。(出来る限り皆様の時間を有効にお使いいただき、ゆっくり楽しくお買いものをしていただきたいという気持ちから予約制とさせていただきました)

 
 *予約は 4月6日(土)20:00よりメールにて受付いたします。(20:00前にメールをさせれた方の予約は取り消しとなります)
 *「info@analoguelife.com」からの返信メールが届くよう、携帯やパソコンの設定をお願いします。 
*お申し込みはお一人様1回限りとなり、info@analoguelife.com 宛に、件名 「4月13日 岡田直人展 予約希望」と書いて、予約する方の全員のお名前とお電話番号を書いてメールでお申し込みください。
 *先着順にて時間を決定させていただき、翌日お送りする返信メールを受け取った時点で受付完了となります。(ご予約ができた方のみメールをお送り致します。) 
*予約人数に達した時点でサイトのNEWS欄でお知らせをいたします。
*予約はお一人様2名分までとなります。 
*当日は12時より6名様40分毎の入れ替え制となります。 
*入店の際に予約完了メールをご提示いただきます(プリント可)。 
*購入枚数は一家族様8点までとさせていただきます。

February 21, 2019

3月の展示のお知らせ

around the table
 2019 3.2sat > 10sun[CLOSE:5(火)]

ただそこに置いてあるだけで、想像力を掻き立てられる。
 それをひととき眺めていれば、心が穏やかになる。 
たまに手に取ると、遠い日の記憶に想いを馳せることができる。 
それらは日々の暮らしにおいて絶対不可欠なアイテムではなく、日用品というジャンルには属していません。 けれどさまざまな角度から、そこにいる人の思考や感性を刺激し心を潤してくれる、 わたしたちの生活にはなくてはならないもの…。 

「around the table」と題した今展では、テーブルの上のうつわやカトラリー等の日用品とは異なる、 テーブル周辺の空間を彩ってくれるアイテムをテーマにした展示を行います。 空間にプラスするだけで違った趣きに見える一品、誰かにとって思いの詰まったかけがえのない逸品。 そんな数々を14名の手によって生み出される世界観とともに、あますことなくご紹介いたします。 春の兆しが嬉しいこの季節。あなただけの特別な一品をみつけにぜひいらしてください。 

参加予定作家 
アポロギア[古道具]、 内田鋼一[鉄] 杉島大樹[金属]、 竹内紘三[陶]、 津田清和[ガラス]、 paisano[革、布]、 船串篤司[陶]、  
 丸山木工所[木]、 松永圭太[陶]、 宮下香代[紙]、 盛永省治[木]、 吉川和人[木]、 吉田直嗣[陶] 若松由香[布] 

 Analogue Life 〒467-0004 名古屋市瑞穂区松月町4-9-2,2F Tel 090-9948-7163
 Open 12:00~19:00 Close〈展示期間中〉5(火)のみ 
*2/28(木)・3/1(金)は展示準備のためお休みします。



January 27, 2019

森本 仁「茶と花」展

森本 仁「茶と花」展 2019 1.26sat > 2.3sun 作家在廊:26(土) 27(日)/
CLOSE:29(火) 12 :00~18:00森本 仁「茶と花」展 2019 1.26sat > 2.3sun[作家在廊:26(土)・27(日)/CLOSE:29(火)] 

備前の地に生まれ、備前焼作家であるお父様のもとで育った森本仁さん。 
大学では彫刻を学び、卒業後は美濃・豊場惺也氏に焼きもの制作に関わる全てを教わりました。 森本さんにとって、とても大切なこの二つのルーツをご自身の軸として 備前焼、釉薬もの両方の作品制作に取り組まれています。 今回の「茶と花」展は、制作の傍ら、ゆっくりとお茶を淹れたり 自然豊かな工房の周りで採れる山野草を中心に花を活け、 日々の暮らしを愉しまれている森本さんを想像し添えた題名です。 そんな森本さんにお茶を淹れるための道具やお茶菓子をのせる皿、 さまざまな形の花器をご用意していただきました。 登り窯で焼き締めた窯変の美しい備前焼の作品から 備前の土を使い灯油窯で焼成する白花シリーズや黒釉のものなど、多数展示いたします。 
ぜひこの機会に皆様に足をお運びいただけましたら嬉しく思います。

 “日々の生活の中で感じたものを形にしています。 
花もお茶も自分にとって欠かせないもの。 
素材を生かすものづくりをしたいと思います。 ご覧いただけたら幸いです。”   森本 仁

Hitoshi  Morimoto 
1976年 岡山県備前市に生まれる 
1999年 東京造形大学彫刻科卒業  美濃・豊場惺也氏に師事 
2003年 備前市にて制作を始める 
2011年 岡山天満屋にて初個展
2014年・2015年 茶の湯の造形展入選 現在、各地にて個展・グループ展を積極的に行う


January 24, 2019

陶芸家 森本仁 挿花家 谷匡子が織り成す 器と花の一期一会 〜梅の花咲くころ〜

森本 仁「茶と花」展 2019 1.26sat > 2.3sun 作家在廊:26(土) 27(日)/
CLOSE:29(火) 

一昨年前の秋、印象的な時を過ごした。 
日没後の店内で、灯りを消して1本の蝋燭の光の中で陶芸家の大きな甕に山の花を活ける場に立ち会った。 蝋燭の微かな光は、暗がりにぼんやりと曖昧に花の影を浮かび上がらせ、開け放った窓から聞こえる雨音、枝に鋏を入れる音、甕に水を注ぐ音、ただそれだけが静かな空間にあった。 挿花家の谷匡子さんは、岩手の里山で育った野生の花々を、次々と迷いなく挿していった。自然の赴くままに。その姿は、花と同化した精霊のような佇まいだった。 活けながら、暗がりの中でたまにぽつぽつと話される中で、心に強く残った言葉。 「(花の姿が)見えなくても花は活けられるのです。花が導いてくれるのです。」 最後の一枝を投げ入れ、部屋の灯りがともされた瞬間、岩手の山の匂いとともに、美しい花の「気配」が生まれた。 ふいに涙が溢れた。

Analogue Llfe 2017 秋の夜のしらべ「霜降りの舞」の記憶(スタッフ佐野) ___________________________________________________________ 

今回は森本仁さんの花器に、谷さんが花を添えて下さいます。
花を愛する森本さんの作品と谷さんのひと枝が出会った時、その場にどんな空気が生まれるか、その時間の流れとともに、皆様と共有できればと思います。 予約などなくご自由にご覧いただけます。ぜひこの貴重な機会、立春近づく冬の空気の中、皆様にお愉しみいただけましたら幸いです。 

陶芸家 森本仁 挿花家 谷匡子が織り成す 器と花の一期一会 〜梅の花咲く ころ〜 
*15時〜17時 予約不要 
*写真は2017 NY HENRYBUILTで行ったAnalogue Lifeの展示で、花活けパフォーマンスをする谷匡子さん。