January 27, 2019

森本 仁「茶と花」展

森本 仁「茶と花」展 2019 1.26sat > 2.3sun 作家在廊:26(土) 27(日)/
CLOSE:29(火) 12 :00~18:00森本 仁「茶と花」展 2019 1.26sat > 2.3sun[作家在廊:26(土)・27(日)/CLOSE:29(火)] 

備前の地に生まれ、備前焼作家であるお父様のもとで育った森本仁さん。 
大学では彫刻を学び、卒業後は美濃・豊場惺也氏に焼きもの制作に関わる全てを教わりました。 森本さんにとって、とても大切なこの二つのルーツをご自身の軸として 備前焼、釉薬もの両方の作品制作に取り組まれています。 今回の「茶と花」展は、制作の傍ら、ゆっくりとお茶を淹れたり 自然豊かな工房の周りで採れる山野草を中心に花を活け、 日々の暮らしを愉しまれている森本さんを想像し添えた題名です。 そんな森本さんにお茶を淹れるための道具やお茶菓子をのせる皿、 さまざまな形の花器をご用意していただきました。 登り窯で焼き締めた窯変の美しい備前焼の作品から 備前の土を使い灯油窯で焼成する白花シリーズや黒釉のものなど、多数展示いたします。 
ぜひこの機会に皆様に足をお運びいただけましたら嬉しく思います。

 “日々の生活の中で感じたものを形にしています。 
花もお茶も自分にとって欠かせないもの。 
素材を生かすものづくりをしたいと思います。 ご覧いただけたら幸いです。”   森本 仁

Hitoshi  Morimoto 
1976年 岡山県備前市に生まれる 
1999年 東京造形大学彫刻科卒業  美濃・豊場惺也氏に師事 
2003年 備前市にて制作を始める 
2011年 岡山天満屋にて初個展
2014年・2015年 茶の湯の造形展入選 現在、各地にて個展・グループ展を積極的に行う


No comments:

Post a Comment