June 26, 2019

7月の展示のお知らせ

石原祥充(陶) × 只木芳明(木)
Yoshimitsu Ishihara × Yoshiaki Tadaki Exhibition
2019 7.6sat  > 14sun[作家在廊予定:6(土)/CLOSE:9(火)]

 土や木は、古来より私たちの身近に存在する自然素材。
毎日の暮らしが便利になる一方で、 自然素材の温もりや優しい手触りなど 心地良さへの憧れはより一層深まっていくように感じます。
今回、異なる素材を使用して制作している 石原さんと只木さんに二人展を依頼したのは、 プリミティブな要素を内包するおふたりの作品が 同じ空間に展示されることで、
新たな表情を生み出してくれるのではないかという期待からでした。
そしてコラボレーションで制作された蓋物を見たときに、 さらにその想いが深まった事は言うまでもありません。
作品に手を加えすぎることなく、 素材を活かしたおふたりの作品は 日々の暮らしに大切なものが何であるかを 私たちに語りかけているようです。

 “私は一年に二度窯を焚く。 多分、回数としては少ない方だと思う。
そんな中で今回、若い木工作家の只木芳明さんと 二人展用のコラボレーションの仕事をお互い行ったり来たりさせながらやりとり出来たことを とても面白いことだと感じています。”

 石原祥充 Yoshimitsu Ishihara
1971年 大阪府茨木市生まれ
1976年 福岡県直方市に移る
1996年 多摩美術大学彫刻科卒
 1998年 京都市立芸術大学大学院彫刻専攻修了
2006年 現在地に薪窯築窯 独立 “

只木芳明 Yoshiaki Tadaki 
1990年生まれ 
2010年から少しずつ実家の一室で木を彫り始める
現在、埼玉県で器や匙等道具を制作


”材料となる木は一つひとつ違うという 当たり前のことを 

今年に入り改めて実感しています。 同じように彫った匙でも
 手に取ると一つひとつ違うこと、 葛藤の結果であることを 
手に取って感じていただければ嬉しいです。” 

  Analogue Life 〒467-0004 名古屋市瑞穂区松月町4-9-2,2F Tel 090-9948-7163 〈展示期間中〉Open 12:00~18:00, Close  9(火)のみ *4(木)・5(金)は展示準備のためお休みします 
*7月は企画展を2回予定していますので、通常の展示はお休みとなります



No comments:

Post a Comment