April 02, 2018

瀧川かずみ展

 Kazumi Takigawa Exhibition waxed canvas products 
2018 4.7sat > 14sat[作家在廊:7(土)/CLOSE:10(火)]

クラフト紙で出来た簡素な紙袋の質感や、それを使う事で生まれる風合いに心惹かれるという瀧川かずみさん。 2011年、彼女がそのテクスチャーを長期使用に耐えうる素材に置き換えて鞄制作をはじめて間もなく、 Analogue Lifeでのお取り扱いが始まりました。
制作7年目を迎えた今では、色や形のバリエ-ションも随分と増えました。 
ファッション性というより、むしろ“ものを運ぶ道具”として機能的な構造に重点が置かれたデザインの鞄は 使い手により様々な用途に利用できることから、男女問わず多くの方に支持されています。 
今展では定番のアイテムに加え、身のまわりで使える小物やエプロンなど新作のアイテムも多数並ぶ予定です。 この機会に瀧川かずみさんの世界観に触れてみてください。 

「Analogue Lifeのお二人に声を掛けていただき、お店で紹介してくださってから早5年。 共に作品を育てていただきました。この5年間で新しく生まれたもの、変わらず作り続けるものを春の名古屋で展示いたします。」 
 瀧川かずみ

 Kazumi Takigawa 
1986年生まれ。 
多摩美術大学にて彫刻を学ぶ。
彫刻制作の過程で蝋引き鞄が生まれる。
2011年より鞄の制作を開始。

展示期間中20日(火)お休み

名古屋市瑞穂区松月町4-9-2-2F
 090-9948-7163

12:00~18:00
(展示期間中の閉店時間が18時に変更になりました)


No comments:

Post a Comment