November 30, 2013

ジョージ・ピーターソン 木の彫刻

ウッドボウルやスツールの他に、プリミティブな美とモダンな組み合わせに着想を求めつつ、機能、美、そしてスタイルへの必要性に根ざしたオブジェも創り出しているジョージ。今回ご紹介する彫刻作品は、日本の居住空間に合わせて普段制作しているものより小さめに制作していただいたものです。玄関やリビングなど少しの空間さえあれば飾れるサイズとなっています。また別に用意された木のパネルをねじで壁に2カ所固定し、その上に作品を引っ掛けて綺麗に展示できるよう工夫されています。
サイズ:写真1番目の作品 幅30cm(下の部分26cm)×高さ30cm×厚み5cm 84,000円/2番目の作品(茶)幅30cm×高さ30cm×厚み5cm 84,000円 詳細はお気軽にお問い合わせ下さい(作品は1点ものです)。shop@analoguelife.com 

以下ジョージの言葉より 
「まず始めに、チェーンソーやハンマーなどあらゆる道具を使って丸太の素材から削りだし、何層にもわたる加工表面と自然の表面を創り、未完成のまま窯にいれ木を安定させています。乾燥処理中に起こる木材内部の応力で作品に歪みやひびがが入り、想像もつかない自然発生的な形状が生まれ、それらを綿密にそして慎重に観察しながら作品を仕上げていきます。作品に彩色、磨き、形を整え、のこぎりを引きながら自分が納得、また必要に応じてこの作業を何度も繰り返し、ひとつの作品を完成させていきます。」

ジョージ・ピーターソンの彫刻作品はMuseum of Fine Arts,BostonやMint Museumのパブリックコレクションになっています。










No comments:

Post a Comment