April 15, 2013

中里花子さんのうつわ

花子さんがつくる器は非常にたくさんのバリエーションがあります。「一人でいろんなものをつくるのは、欲張りなのかもしれませんが、食卓に全部同じ物で揃えるより、他の、いろんなテイストや形状の器とのコーディネートを楽しむのは日本独特の食文化だと気付いたからです」と語る花子さん。ひとつのテイストに絞って制作される方が多い中、花子さんは、白磁、マット釉、黒釉、刷毛目、青磁、緑青磁、色化粧などなど、色々なものを制作されています。制作をはじめた頃はあえて唐津らしいものは避けていたそうですが、最近になり唐津の土を使い始めたそうです。今まであえて避けていた唐津のものを受け入れることができるようになった花子さんが、唐津の土を使い生み出したものは、やはり彼女にしか表現できない何かがあるのだと強く思います。





No comments:

Post a Comment