July 31, 2012

季節を感じるもの

小笠原陸兆さんの蚊遣り。何だか未来的な形がいいですね。やはり、蚊取り線香の香り=夏ですね。。。今年の生産は既に終わりましたので、在庫がなくなり次第終了です。そして南部鉄の風鈴。こちらはガラスのものと違って音色が美しく、いつまでも響く音が涼しげで、癒されます。3つ目はモダンな雰囲気のうちわ。最近は節電されている方も多いと思いますが、この団扇にはお香ついているので、扇ぐ度にいい香りが漂ってきます。団扇も色々な場所でいただいてひとつは必ず家にあったりしますが、こんな素敵な団扇なら目でも癒され、香りと風でさらにいい気分に。




July 30, 2012

艸田正樹さんのガラス

石川県で製作をされている艸田さん。艸田さんは、吹きガラスの技法の中でも「ピン・ブロウ」という技法を用いて器を作られています。「ピン・ブロウ」は、芯が詰まった鉄棒にガラスを巻き取り、ガラスが柔らかいうちに針であけた穴に空気を吹き膨らませます。重力と竿を回す遠心力により生まれる形は独特で、透明度も高いのが特徴。普段使う器として使うのはもちろんですが、見ているだけでも大変美しい器です。付いている名前もとてもユニークで、今回は「風の人のグラス」と「あたたかい雨」という平皿が入荷しました。個人的にも使っている「風の人のグラス」は、ワインや日本酒、時にはプチトマトをカットして中にいれ、食卓でも使っています。高台部分のすっきりと真横から切った形が何とも言えません。平皿にはマリネやデザートを持っても涼しげです。薄くて美しい皿はずっと眺めていたくなります。数はあまりありませんので、気になる方はお気軽にメールでお問い合わせ下さい。


「風の人のグラス」直径9cm×高さ7cm  4,725円 「あたたかい雨」直径19cm×高さ2cm  /8,400円 手作りのため個体差があります。 メールアドレス shop@analoguelife.com





July 29, 2012

會田竜也さんの茶筒

會田竜也さんの茶筒が久しぶりに入荷しました。やはり木の茶筒は温かみがあっていいですね。お好きな茶葉を入れてお使い下さい。種類はサクラとクルミの2種。


會田 竜也さんの茶筒




July 27, 2012

入荷いろいろ

吉田さんの器をサイトにアップしました
釜定のオイルパン燭台洋なべ入荷
Futagami タオルハンガー栓抜き入荷
渡邊さんのパン皿再入荷
うちわ再入荷
風鈴 丸 再入荷


また実店舗では、工房イサドさんのカッティングボードや大村剛さんの器なども展示販売しています。お近くにいらした際にはぜひ、お立ち寄り下さいませ。

July 25, 2012

銅之薬缶

シンプルで美しい薬缶。探すとなると意外に見つからない。キッチンに出しっぱなしにしておいても気にならない。器好きな方やインテリアにこだわりを持った方達に満足していただけるもの。そんな薬缶ってとても少ない気がします。
銅は熱伝導率もよく調理器具は銅を使われている方も多いと思います。東屋の薬缶は、色の変化を防ぐため、はじめは蝋が塗ってありますが、使い始めると共に、段々とアンティークの薬缶のような風合いになります。経年変化を楽しみながら末永くお使い下さい。


銅之薬缶はこちら






July 23, 2012

ババグーリ かご

ベトナムで編まれたババグーリのかごが入荷しました。2重に編まれた美しい形のかごや、リビングやバスルームで、タオルや着替えを置いておけるかごなど、ありそうでなかなか見つけられない洗練されたかごたち。
何もいれずに置いておくだけでも素敵ですね。


ババグーリのかごはこちら




July 22, 2012

小関康子さんのフリーカップ

普段気軽に使える小関さんのフリーカップが再入荷しました。
お茶やコーヒー、ビールやワイン、何にでもお使いいただけます。種類は3種類。お好きなものをお選び下さい。


小関さんのフリーカップはこちら



July 11, 2012

吉田さんのティーカップ&ソーサー

大西さんの意見を取り入れて製作されたティーカップ&ソーサーは、紅茶の色が綺麗に見えるように、磁器で製作され、適度な薄さがさらに紅茶の色を引き立ててくれます。口当たりもよく、量もちょうどいい。考えてみると、コーヒーカップやマグカップは沢山あるけれど、ティーカップでシンプルかつ気に入る物はなかなかない。また作家ものの器が好きな人にも満足できるティーカップ&ソーサーは非常に選択肢が少ない気がします。紅茶のプロである大西さんと、美しいシェイプを生み出す吉田さんとのコンビネーションであれば、いいものができない訳がないですね。贈り物にも最適です。(ソーサーは単品でもお使いいただけるデザインになっています)


ティーカップ 直径 9cm×高さ5,5cm(持ち手3cm) 3,675円 ソーサー 直径13cm×高さ1cm 2,625円
作品についてはお気軽にお問い合わせ下さい。
travel on the table についてはこちら



July 07, 2012

travel on the table 2日目

travel on the table 2日目がはじまりました。昨日のお教室やお茶を楽しむ会も笑いの絶えない楽しい会になりました。今日も2日目がはじまっています。1階は教室を行っていますが、2階では400点近くの吉田さんの器が沢山並んでいます。名古屋ならではのスペースを生かし、大きい作品も色々と持って来ていただきました。大きな器はテーブルの真ん中に置いて豪快に、時には繊細に盛ってその器の持つ使い方の幅を実感していただければと思います。また、そうめんや、カレー、サラダ、丼もの、ひとつの器で色々と楽しめる器が多数展示してあります。黒と白という対照的な色の中に、繊細さとフォルムの美しさ、その絶妙なバランスが
吉田さんの魅力だと思います。本日も吉田さんは在廊されていますので、ぜひ、皆様のお越しをお待ちしております。


写真1 花入れ 左 10cm×28cm 26,250円/右9cm×25cm 26,250円
写真2     鉢 13cm×9cm 4,200円
写真4    ピッチャー 4cm×7cm 2,625円
写真5     コーヒーカップ 9cm×7cm 3,675円 ソーサー 14cm×1.5cm 2,625円
作品についてはお気軽にお問い合わせ下さい。
travel on the table についてはこちら











July 04, 2012

リートベルグ美術館

7月7日〜10月14日まで、スイス チューリッヒにあるリートベルグ美術館で「WOMEN IN JAPANESE WOODBLOCK PRINTS」展がはじまります。今回、この展示期間中にミュージアムショップで販売する商品のセレクトをお手伝いさせていただきました。販売されているものは、あひろ屋さんの手ぬぐいや、ババグーリの石鹸、tajikaのはさみ、釜定の燭台や、棕櫚たわし、葛根たおるや鉄の急須など、その他にも色々と送らせていただきました。スイスの方にも、日本の職人技や伝統的手法で製作された美しい品々をぜひ見ていただきたいと思います。

リートベルグ美術館は、西洋にありながら、東洋の美術品を紹介、また、コレクションしている美術館で、海外でも評価が高いそう。7日と8日は、音楽やダンス、マーケットなどの催しがあるそうです。

リートベルグ美術館はこちら

July 01, 2012

小関康子さんティーポット

Analogue Lifeでも人気の小関さんの線刻ティーポットが入荷しました。落ち着いた雰囲気のティーポットは食卓にも馴染みやすく、
真鍮の持ち手が少しだけ華やかな印象を与えてくれます。入荷すると早い時期になくなってしまう小関さんの器。気になっていた方はこの機会にぜひご覧下さい。


小関康子さんのティーポットはこちら