August 22, 2016

水野正美さんのバターナイフ

サンフランシスコにあるレストラン「Atelier Crenn」から依頼があり、水野正美さんのバターナイフ20本を納品しました。 レストランからの希望も取り入れて制作していただきましたので、末永く使っていただける事を願っています。 
「Atelier Crenn」はこちら





August 18, 2016

吉田次朗展

先日、9月に行う吉田次朗さんの個展の打ち合わせをするため、自宅と工房にお邪魔してきました。 自宅は作家の方が住むにふさわしいこだわりが詰まった空間で、開放感があり、自然を身近に感じられる素晴らしい環境でした。また、そこから少し離れた場所にあるもうひとつの工房は、現在では使われていない古いスーパーの中にあり、元々使われていた家具や道具類もそのまま残されていて、大変趣のある場所。中には長い間少しづつ集められた次朗さんのお気に入りの古い道具やオブジェが様々な場所に飾られ、そこをひとつずつ丁寧に説明してくれる次朗さんの言葉からも、工房への愛着がひしひしと伝わってきました。 今回2つの工房を拝見して、次朗さんの作品が生まれる背景に触れさせていただいたこと、また、吉田次朗という作家についてより深く知ることができたことはとても貴重な体験でした。 9月の展示では感じたことが伝えられるような内容になればと思っています。

 吉田次朗展 Jiro Yoshida Exhibition 9月17日(土)〜25(日)
September 17th ~ September 25th

展示中はnokosさんの焼き菓子も販売致します。






August 06, 2016

NYの旅を振り返って

今回NYを訪れたのは、義父の誕生日を祝う事ともうひとつ、私たちが長い間ずっと実現したかった事を一歩進めるためでした。
はじめてこの地を訪れたのは20年前。まだ私が20代前半の頃でした。その当時ァッションの世界に身を置いていた私は、アメリカのシンプルで機能性を重視した服に憧れていました。しかし、日本のギャラリーなどで好きな器や手仕事から生まれる道具を購入して使っていた私は、NYで日本のモノと紹介されている品々を見て違和感を感じました。それは、Analogue Lifeという店が生まれるきっかけとなった出来事で、その時から20年の月日が流れ、その間に国内外に向けてAnalogue Lifeのオンラインショプをスタートさせ、実店舗をオープンし、日本の方から海外の方まで本当に様々な人たちに日本のものを紹介してきました。日本でもオンラインショップだけではなく、実際にモノに触れてみていただく機会をと実店舗をオープンしましたが、いつか、海外の方にもそういう機会を作りたいと考えながらも月日は流れていくばかりでした。しかし、この度、この空間であればAnalogue Lifeらしさを表現できるという場所にようやく出合い、直接見るためにNYを訪れたのです。
もちろん場所の確認だけではなく、20年前と街や店がどう変わっているのか、またその地に立った自分はどう成長し、何を感じるのか。色々なことを確かめるための旅となりました。この時に感じた事はまたいつか語るとして。。。来年3月末にNYでAnalogue Lifeの展示を行います!