November 30, 2012

竹俣さんのステンレスカトラリー

見た目にも美しい竹俣さんのカトラリーをサイトにアップしました。






November 27, 2012

ジョージ・ピーターソンの木の彫刻

アナログライフの床の間に飾られているジョージの作品。店内には何点か展示していますが、床の間の彫刻は個人的にも色や雰囲気が気に入っていて、一番目立つ所に展示しています。一見しただけでは、木であることがわからず陶器などと見間違う方もいます。ジョージ自身が話しているように、ウッドボウルの制作とは違い、かなりのエネルギーを注ぎ制作する木の彫刻。

「まず始めに、チェーンソーやハンマーなどあらゆる道具を使って丸太の素材から削りだし、何層にもわたる加工表面と自然の表面を創り、未完成のまま窯にいれ木を安定させています。乾燥処理中に起こる木材内部の応力で作品に歪みやひびがが入り、私も想像もつかない自然発生的な形状が生まれ、それらを綿密にそして慎重に観察しながら作品を仕上げていきます。作品に彩色、磨き、形を整え、のこぎりを引きながら自分が納得、また必要に応じてこの作業を何度も繰り返し、ひとつの作品を完成させます。」
日本の居住空間に合わせ、サイズを指定して制作したいただいた彫刻作品は、狭い空間にも飾れるサイズです。幅30cm×厚み4cm 
84000円  ご質問等はメールでお気軽にお問い合わせ下さい。





  

November 22, 2012

茶箱

竹俣さんが展示のために何点か持ってきてくださった茶箱の中のひとつ。金属類は竹俣さん作、茶碗は伊藤環さん、茶入は岡田直人さん作




































中に収納できます。野点にいいですね。157,500円 






















  

November 19, 2012

展示品一部ご紹介

kanehenさんの真鍮の薄板でできたモビール。かなりの大きさで迫力があります。光を受ける度にキラキラと光るモビールはとても綺麗です。吹き抜けの大きな空間やお店などにいいですね。サイズ幅約120cm×高さ80cm 44,100円























ちょっとしたものを料理するのに両手鍋(蓋付き)はいかがですか?銅(内側 錫)直径16.5cm(持ち手含む場合は20cm)27,300円 


























中に何を入れるか楽しみな蓋もの。蓋 洋白/本体 銅 左からサイズ直径9cm×高さ5cm 23,100円 SOLD直径7.5cm×高さ10cm 29,400円/直径 7cm×高さ4cm 18,900円/直径4.5cm×高さ5.5cm 13,650円(色がついている物は硫化仕上げ)



  

November 18, 2012

tajika価格改定のお知らせ

お知らせが遅くなりましたが、tajika鋏の価格が改定されました。 近年の鉄や銅など原材料費の大幅な高騰や設備、加工に伴うコスト増などもあり、 以前の価格での継続が難しくなってきたとのことです。 親子二人で製造するtajikaのハンドメイド鋏を安定的に製造するための価格改定です。ご理解の程宜しくお願い致します。

  

November 16, 2012

猿山さんの展示品から

和洋どちらにもあう猿山さんの自在鉤。長さは自由に調節可能。お花を生けても、お香を焚いても。縮めた長さ72cm/最大の長さ125cm.自在鉤+受け+香炉セットで28.350円




































100年ほど前に作られたという、奈良の団扇陳列用の針金細工が原型となっているカードホルダー。お気に入りのカードやCDを飾ってみてください。3段 45cm 7,350円 5段 75cm 10,500円 7段 105cm 13,650円
















自在照明 シェード(濱中史朗)+adj lighting +金具一式(70cm)セット25,725円

































ランプ(通常アナログライフ扱っているシェードより高さがあります。こちらは自在照明ではなく通常の吊り下げランプです)シェード(岡田直人)+金具一式コード50cm  S 11,025円 SOLD/M11,865円 SOLD/L12.600円SOLD(写真はMサイズ) 


























囲炉裏に置く古い五徳をカットして鍋敷きにしたもの。味わいのある佇まい。オブジェとしても。大7,350円小5,250円








November 13, 2012

metal works exhibition 始まりました

12日から、kanehenさん、竹俣さん、猿山さんの3人の展示が始まりました。お昼からは3名の作家が到着し、お互いの親交を深めつつ、お客様との会話も楽しまれていました。お越しいただいたお客様は、それぞれの作家の個性の違いを楽しんだり、用途に応じてじっくりと選んでいるのが印象的でした。kanehenさんはお子様がいらっしゃるので、あまり長く在廊していただけませんでしたが、竹俣さんや猿山さんは最後までいらっしゃって、お二人と親交の深い内田さんやナカオさん、パザパ店主などにもお越しいただき、アナログライフの空間が大人の男性ワールドに。

今回の展示では男性にも使っていただきたいカトラリーや、部屋のアクセントになる照明やフック、皿立て(本やCDを立てたり、アイディア次第で色々使っていただけます)なども展示しています。また、今回沢山用意していただいた自在照明は部屋のポイントとなる場所を照らして、雰囲気のある空間を作り出してくれるので、大変おすすめです。なかなか気に入った照明が見つからない方に、ぜひご覧頂きたいと思っています。写真も随時アップしていきますので、気になる物がある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。(下記一枚目の写真 竹俣さんの蓋付きの古い小さな壷は下3点SOLD) 
    




November 10, 2012

metal works exhibition

2012.11.12 mon →24 sat
kanehen ・竹俣勇壱・猿山修(3名とも12日・月曜日に在廊されます)
(16 fri&19 mon closed)

以前にも紹介させていただいた今年最後の企画展は、金属をテーマにkanehenさん ・竹俣勇壱さん・猿山修さんの3名による「 metal works exhibition」を行います。季節的にも金属という少し緊張感のある素材で、食卓を囲んだり、おもてなしの席にも映えるアイテムが揃います。DMには3枚のみの写真ですが、ここでもう少しご紹介を。

kanehenさんには、以前から製作を依頼していたモビール(天井に吊るす大きめのものから、ちょっとした空間に吊るす事ができる小さめのモビール、壁や柱に吊るすタイプのものなど)やトレイ、プレート、カトラリー、贈り物にもいい文鎮など色々な種類が並びます。産休で製作を控えられていたkanehenさんの作品を久しぶりに沢山見ていただける内容になっています。竹俣さんは、大変人気のある定番のカトラリーや茶托、プレート、猿山さんと製作されているカトラリーシリーズ、茶箱など美しい品々が並びます。猿山さんは、今までアナログライフでは紹介していないフックや自在照明(猿山さんと岡田さん製作のランプ+猿山さん+濱中さん製作のランプなど)鍋敷きやモビールなど猿山さんの世界をしっかりとご覧頂ける展示になると思います。三人の美しい作品をぜひ、ご覧下さいませ。皆様のお越しをお待ちしております。








November 08, 2012

入荷商品

普段使いにちょうどいいふじい製作所のパン皿が入荷しました。ウォルナットとサクラの2種類でみつろう仕上げになっています。滑らかな肌触りで、食パン1枚がちょうど置ける大きさです。お子様用にしてもいいですね。その他百草のオリジナルタオルやマゲワシリーズのバターケース丸型も再入荷しています。マゲワシリーズは入荷までにかなりの時間がかかりますので、気になっていた方はこの機会にぜひ!

ふじい製作所 パン皿はこちら
百草 オリジナルタオルこちら
バターケース 丸型はこちら





November 02, 2012

杏のオイル&リップバーム

段々と寒さが増し、お肌なども乾燥している方、多いのではないでしょうか?冬の時期には特に欠かせないババグーリのリップバームと全身に使える杏のオイルが入荷しました。自分用に、またちょっとし贈り物にもおすすめ。

杏のオイル&バームはこちら