March 29, 2012

ジョージ・ピーターソンのスツールアップしました

以前のスツールもサイトにアップした時から、ご好評いただいておりましたが、その後、なかなかアップできずにおりました。。。今回アップしたものは、スパルテッドウッド(メープル)とオークの2種類。メープルのスツールは何とも言えない滑らかな触り心地と、丸い優しい形、そして圧倒的な存在感があります。オークのスツールは上下逆さまに撮影しております(この形の方が魅力的な気がします...)もちろん反対にしてもご使用いただけます。ご自身のお好きなように置いて下さい。
メープルのスツール84,000円
オークのスツール 84,000円 SOLD



March 27, 2012

櫻屋 加藤良行展

4月7日(土)~20日(金)12:00-19:00 「櫻屋 加藤良行展」-直線美の可能性を求めて- の展示を行います。
常に手仕事で表現できる可能性を模索しながら制作を続けられている加藤さん。今回の展示では機械的な直線ではなく、直線の中に手仕事の跡をどれだけ残して直線を表現できるかを求めて制作されています。展示するものは新作の八角の鉢や、角盆、隅切盆、カトラリー、定番のオーバル皿などを展示致します。7日(土)は加藤さんもいらっしゃいます。近くの山崎川のサクラも見頃だと思いますので、ぜひ、皆様のお越しをお待ちしています。







March 24, 2012

小笠原陸兆さんのブックエンド

1月に他界してしまった小笠原陸兆さん。80歳を超えても意欲的に制作し、生み出された数々のモダンデザインの南部鉄器は、年齢に関係なく多くの方に親しまれてきました。その中のひとつで、個人的にも大好きなブックエンドがAnalogue Lifeにも入荷しました。机周りをすっきりとおしゃれに見せてくれるシンプルな形は、ずっと使い続けられそうです。かなりの重さなので、しっかりと本を支えてくれます。贈り物にもいいですね。





March 23, 2012

TooLs2012

メンズファッション雑誌『HUGE』に収まりきらないアイデアを具現化するために誕生したブックレーベル“HUZINE”の第2弾「TooLs 2012」。この本の中では、流行や消費に流されない暮らしの価値観を提案されています。この度、TooLs 2012の中で、アナログライフでお取り扱いしているジョージ・ピーターソンのスツールを掲載していただきました。こちらは、アナログライフの実店舗オープン記念に、ジョージに依頼して制作していただいたスツールなのですが、このような本で紹介していただけたことは、本当に嬉しいことです。書店に行かれた際は、ぜひ、ご覧下さいませ。



March 21, 2012

ありがとうございました

「Tradition Refined」にお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。DOUGUYAさんやSゝゝの世界観を見て、何かを感じていただけたとしたら、とても嬉しく思います。最初、企画した時点では東京からどうやって大物家具を持ってきていただくのか、本当にAnalogue Lifeの中で展示できるのかが不安でしたが、DOUGUYAさんの素晴らしい準備と計画により、随分と助けられ、Analogue Lifeの店内が上品で、とても気持ちのよい空間となりました。DOUGUYAさんの家具に、Sゝゝのシンプルで落ち着いた生活道具はとても映え、個人的には、お気に入りの展示となりました。DOUGUYAさんやSゝゝを取り扱うSIMPLICITYのような洗練されたお仕事をされる方々と一緒に展示をできた事は、私にとってとても勉強になりました。また、震災から1年というこの時期に、日本の素晴らしさを提案している方々とこのような企画ができた事は、私自身には非常に意味があり、今後、日本人として、日本の素晴らしさを国内だけではなく、海外にも更に発信していきたいという気持ちが強くなりました。

足をお運び下さった方々には本当に感謝しております。
4月7日(土)〜は加藤良行展となります。こちらもお楽しみに。

March 20, 2012

お休みのお知らせ

3月21日(水)、22(木),23(金)は、搬出と臨時休業のため実店舗はお休みとなります。ご迷惑お掛けしますが、よろしくお願い致します。

March 17, 2012

展示風景その2

現在行っている「Tradition Refined」の展示風景追加しました。





March 16, 2012

1周年

アナログライフは3月16日で1周年を迎えました。あっという間の1年でしたが、みなさんに支えられて、1周年が迎えられたことを嬉しく思います。今後とも、よろしくお願い致します。



小関康子さんの器

小関さんの器が少しだけ入荷しています。気になっていた方はぜひ、ご覧下さい。
小関康子さんの器はこちらと こちら


March 12, 2012

展示風景

3月10日からはじまった「Tradition Refined」 An exhibition of works from Sゝゝ+ DOUGUYAは今日で4日目となります。DOUGUYAの家具はAnalogue Lifeの店内に配置すると、DOUGUYAのショップ風景とはまた異なり、和と洋の空間にとけ込んで、いい雰囲気を醸し出しています。Sゝゝの生活道具も、SIMPLICITYが運営するHIGASHIYAやHIGASHIYAMA-TOKYOで使われている道具や器が商品化されていることもあり、普段の暮らしで使いやすい大きさや料理の映える器が沢山並んでいます。価格帯も大変買いやすいものばかりで、つい、色々揃えたくなってしまいます。これから新生活をはじめられる方や、お店をオープンされる方など、この機会にぜひ、ご覧下さいませ。

展示は20日(火)までとなります。
4月7日(土)〜は加藤良行展(木工)です。初日は加藤さんもいらっしゃいます。












March 08, 2012

wallpaper*

以前から、イギリスの雑誌「wallpaper*」の4月号の中で、鉄の特集があるとのことで、セレクトを依頼されておりましたが、私たちが少しだけ携わった4月号が、本日、イギリスで発売されます。表紙が送られてくるまで知らなかったのですが、何ともユニークな表紙にババグーリの朱肉入れと、Sゝゝの灰皿が使われております。最初は女の人にしか目がいかなかったのですが、もうひとつ、絵が描かれていることに気づくまで少々時間がかかりました。皆様、お気づきになられましたか??






March 05, 2012

DOUGUYA

今週10日(土)~はじまるアナログライフでの展示「「Tradition Refined」では、東京渋谷区富ケ谷にある「DOUGUYA」の家具や古道具が並びます。DOUGUYAさんとの出逢いは、1年程前、月日荘の2階にショップをオープンするため、改装していた際に、SIMPLICITYの方に「楳心果」の内装に使われていた家具について尋ねたことがきっかけでした。「楳心果」に伺った際に、店内を案内していただき、そこで使われていた家具の上品さ、佇まいに圧倒され、どこのものかと聞くと、昭和初期や大正の古い家具ですと教えていただきました。それがきっかけでDOUGUYAさんの家具に出合い、見た瞬間、理屈抜きで、「これだ!」と思いました。以前から古い家具は取り入れたいと思いつつ、納得いくものに出合えてなかったのですが、DOUGUYAさんの家具は上品で、それでいて控えめで、Analogue Lifeのモノ達を上手く引き立ててくれます。DOUGUYAさんがものを選択する確かな目や一貫したセンスは素晴らしく、とても信頼できるお店です。今回ショップに並ぶものは、普段の生活に取り入れていただけるものを中心に展示しますので、人とは違った空間を作りたいと思っている方には特におすすめです。10日(土)はDOUGUYAさんが、11日(日)はSIMPLICITYの方にお越しいただき、店内のものを色々とご説明していただけます。ぜひ、この機会に素敵な家具や、Sゝゝの生活道具を見にいらして下さい。







March 01, 2012

米まわりの道具

ご飯がおいしくいただける道具達が入荷してきました。
まずは桐でできたシンプルな米びつ。昔から貴重な品々の保存箱として用いられてきた桐。また、桐には、タンニン、セサミン、パウロニンといった成分が含まれていて、高い防腐効果と防虫効果があります。さらに、調湿効果も優れています。こちらの米びつは無垢材を使い、釘などの金物は一切使わず仕上げられています。(サイズは5kgと10kgの2種類)
次は炊飯釜。こちらの炊飯釜は土鍋に最も適した伊賀の土を使い、手で挽いて制作されたもの。見た目の良さ以外にも、お米を美味しく炊くための最適な温度変化を釜自体が行うなど、とても優れた炊飯釜です。そして最後は美味しいご飯をよそうためのしゃもじ。国産の天然木から木肌のきれいな材料を吟味し、塗装などは一切せず、職人の手作業によって木肌を磨き上げただけで仕上げられています。3月は引っ越しなども多いシーズン。この機会にご飯を美味しくいただくための道具として揃えられるのはいかがでしょうか?